愉快にくらそう~「無人島に生きる十六人」感想文①

shinoです。

さっそく続きを書いていきたいと思います~!

これは、1899年(明治31年)に太平洋で難破し、
無人島に流れ着いたひとたちが無事に帰還するまでのお話です。
今は2017年だから、118年前になりますね。

その船は「龍睡丸」といいます。
船長と16人の乗組員。ベテランから練習生までいます。
漁業調査のために太平洋へ出航するも、運悪く嵐に会い、船がボロボロになってしまいます。
しかたなくホノルルへ寄港し、大使館や現地の人びとの助けを得て船を修復。
すっかり元気になって日本へとまた漕ぎ出しました。

ところがハワイ諸島のうちのひとつ、
パール・エンド・ハーミーズ礁という地帯にさしかかったとき
またしても大しけに会い、大変なことに。
海の上はつきでた大岩、下はぎざぎざ、ごつごつした暗礁だらけです。
帆船が進むには、ある程度の深さが必要なので
はやく通り過ぎるべく必死の対策を取るのですが、真夜中2時。
ぐっと持ち上がった大波の勢いで龍睡丸は海底の岩に船底を破られ、
とうとう乗り上げてしまいました。

しかし運よく船の向きが波の方に向いていたため、
すぐに沈没することは免れた龍睡丸。
かたむいた甲板で船長は乗組員一同に言います。

「こんな場合の覚悟は、日ごろから、じゅうぶんにできているはずだ。」

かっこいい…!

そして各自に命令します。
・ボートを守れ
・食料品は十分には運べまい、漁の道具を多くもて
・井戸を掘る道具、マッチ、双眼鏡、のこぎりなど道具をしっかり集めろ

ここは手に汗握ります。もう無人島で暮らすことを前提としているからです。
大切なのは食料をとること、水を得ること。

そして最後に、見習いである練習生たちに出した指示。
それは「本を運べ」でした。いわく、
「練習生と会員は(龍睡丸は、報効議会という団体が派遣した船です)、
島にあがって、何年か無人島生活をして、ただぶじに帰っただけでは
日本国に対して、めんもくがあるまい。かねてお前たちが望んでいた勉強を、
みっちりしなくてはならない。」

これからどうなるかわからないというときに、
勉強を生活に組み込んで考える、その心。

かっこいい…!!!

そしてその通りに彼らは無人島でも勉強をすることになります。

真っ暗な波と戦い、荷物をさらわれながら必死の時が流れます。
16人の乗組員たちは落ち着いて働き、特に「小笠原老人」と皆に呼ばれるおじいさんは
青年たちをよくはげましました。(この人私好きです)
船長は心の底では早く夜があけるよう神に祈りつつ、強気の態度をくずしません。
「島に、飲み水はありますか」一人のベテラン船乗りが聞いてきます。
「水は、でるよ」
うそでした。
それも、あれこれ考えたすえ、うそと思いつつ、長い間をおいて答えます。
それ以上の追求はありませんでした。

やがて夜が明けます。

波はいまだあれくるいますが、とりあえずすぐ近くに大岩が見えたので、
上陸することにします。
備え付けの小さなボートにまずは数人が乗り、船と岩の間にロープをはり
滑車をさげ、品々を運びます。
からっぽの石油缶に食料や道具をしばりつけて波に浮かべることを思いつき、岩まで流しました。
いかだの材料にするため、船から部品をはずしてどんどん流します。
食料を取りに食糧庫へ潜った船員があまいものがすきな男だったため、
第一に運ばれたのはコンデンスミルクでした。
ここ、読んでいてほっこり。
それから牛肉のかんづめ、果物のかんづめ、米などが波を渡っていきました。

大岩についた乗組員たちは全員無事。けが一つしていません。
船長は言います。

「どうだ、この大波をくぐっても、一人のかすり傷を受けた者もない。
まったく、神様のお助けである。これは、いつかきっと、みんながそろって
日本へ帰れる前兆に違いない。これから島へ行って、愉快にくらそう
できるだけ勉強しよう。きっとあとで、おもしろい思い出になるだろう。
みんなはりきって、おおいにやろう。
かねて言っている通り、いつでも、先の希望を見つめているように。
日本の海員には、絶望ということは、ないのだ。」

そして、男たちは無人島を探して大岩から旅立ちます。
龍睡丸の船体で作った、食料や道具をたくさん積んだ手製のいかだを連れて。

長い間、生死をともにした龍睡丸にむかって
「いい船だったなあ」
「ああ、こなみじんか、かわいそうに」
「泣くなよ」
「お前だって泣いてるくせに」
ふりむけば、向こうの方でぐらぐら揺れる龍睡丸の帆柱。
まるで手を振っているようです。
勇ましくなつかしい船をふりかえりふりかえり、
北をさしてボートは進むのでした。


愉快にくらそう。

なんとすてきな言葉でしょう。
ピンチのときに、何より強いものなのかもしれません。



続きます!
スポンサーサイト

【お知らせ】Lapis08さまでレンタルボックスを始めました

shinoです。

本日はアクセサリーの納品に行ってきました。
今日からレンタルボックスでの委託販売を始めます。
お店は栃木県宇都宮市にある、「Lapis08」(ラピスゼロハチ)さまです~!
来年2月末までの半年間の予定です。

すてきなオーナーさんとの出会いは結構前で、友人に誘ってもらったフリマでした。
同じブースで一緒に出展していました。
友人の友人だったその方は、それからなんと雑貨屋さんをオープン!し
(ご自身もハンドメイド作家さんです)大谷石の雑貨を中心に
ハンドメイド作家さんむけのレンタルボックスをお店内に設けています。
神です神…。
家からかなり近所ということもあり、とても足を向けて寝られそうにありません。
ありがたいことです。

レンタルボックスは初めてで、何かと学ぶことがいっぱいです。
ディスプレイの仕方が今は一番知りたい!
かわいくて、世界があって、手に取りやすくて、ひきこまれるようなディスプレイ…。
今のところはどんくさいままです!!
うおお。

SH382340 (2)
(がんばれ俺!薄暗い&上の空間がどうにも気になる)

大谷資料館、平和観音など観光スポットのど真ん中にあるお店です。
8月14,15日は「夢あかり」というキャンドルイベントがあり、
かなりの人出が予想されますが、お近くの方はぜひ寄ってみてくださいね。
おいしいレモン牛乳アイスや、とびきりかわいいフルーツバーもおいてます♪

おとなりはかわいい益子焼作品がそろうお店「さんて」さんです。
こちらもおすすめ☆
お茶香炉がほしい…。

Lapis08
栃木県宇都宮市大谷1157-2
12:00~17:00(不定休・お盆期間中は毎日営業)
インスタグラム→

レンタルボックスのstar FIREをどうぞよろしくお願いいたします。

star FIREへの想い

アクセサリーカテゴリの記事が書ける喜び…!

shinoです。

新ブランド名「star FIRE」について書いてなかったなーと思ったので書きます。

もともとファイアという言葉には、オパールの中の色の変化のゆらめきを指す意味もあって
(遊色ともいいます)
石の炎か、なんかいいなーと思っていたのでした。

それに私の好きなスターをつけて、スターファイア。
星の炎です。
宇宙の星々の光をよくよく拡大してみると、とげとげになってるでしょう。
太陽はコロナが吹きあがっていますね。
命があるかぎり星は宇宙に炎を生み出します。
それぞれの色、それぞれの形で、ちいさく、強く。

star FIREは青い虚空に燃える星の炎のイメージです。
それぞれ小さくともキラッと生きている、そんなアクセサリーになってほしいと思います。

【お知らせ】ブランド名が変わります

こんにちは。shinoです。

アクセサリー部門にてのお知らせ(ひさびさ)。

これまで、shino's というブランド名(言うほどのことでもないですが)で
制作してまいりましたが、これからさらに進んでゆくために、名前を変更いたします。

新しいブランド名は
「STAR FIRE」(スターファイア)です。

「shino。」
ほんと~に最近よく、同じ名前の作家さんやお店を目にするです。
はじまりは昨年から。
なんつーのかなー、名前が同じだとなんかセンスも似通うのかな~
不思議ですが、とても「あーわかる」な感覚があるのです。
ちょっと繊細(自分で言う)。ちょっとナチュラル(自分で言う)。いいかんじにゆるい(自分で言う)。
他人の感じがしないといいますか。

自分の制作物について、深く感じざるを得ない日々でした。

そして出た心は、
「私と作品を切り離したい。」

作品とは、親と子のような関係なのはわかってる。
でも、親と子って別人じゃないですか。
作品は私そのものが現れるのですが、私ではない。

子供より親が前に出てどうする

そんな声です。

それから違和感をずっと感じており、しかし離れがたく…
「私」がつくるアクセサリーという意味でつけた「shino's」に愛着もあり、不安もあり…。
ずっともぞもぞしておりました。
が、ようやく新しく踏み出すことができました。

オンリーワンより、どこにでもいる特別を。
わたしふつうのおばさんになる。
ハンドルネームはかわりません。これからもしのさんとお呼びください。

新しいSTAR FIREをどうぞよろしくお願いいたします。

SH382333 (2)

準備しつつご報告

shinoです。

読書感想文の間にご報告です。
今度委託出展が始まります。
決まりましたらまたお知らせいたしますね。
新規タグ


制作中…☆!

追伸:大好きなadvanced styleのブログ。
この日付の写真がもうたまらなく美しく、画面に向かって「ぃやだもぅ…!!!」と身悶えしてしまいました。
どうか見てくだされ。
美女揃い踏み

プロフィール

Author:erisino57
shinoです。農業しながらアクセサリーを作っています。不定期ですがフルオーダーメイドも。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR