お買い上げありがとうございます

IMG_5175.jpg

もち米のご注文を次々頂いております。
ありがとうございます!引き続きお待ちしております。「もち米saleはじめました」

写真は今日の田んぼから。
稲刈り、はじまりました。

IMG_5150.jpg

イナゴ。
籾(もみ)をためる袋に時々まぎれこむので、(できるだけ)せっせと助けて徳を詰んでおります。
すると、はー助かったー!みたいにして、腕や肩にしがみついてきます。
これまでに20匹くらいは助けたでしょうか。
最近、なつかれている気がします。
おとといのは顔にくっついて離れませんでした。

IMG_5205.jpg
小さな光が飛んでいるのが見えますか?

夕日をうけるトンボです。
日がかたむいたあるひとときだけ、こういう風にみえます。
やっと撮れました。

イネのかけらで顔も体もチクチク。
稲刈りはまだ始まったばかりです。
スポンサーサイト

【お知らせ】Lapis08さまでレンタルボックスを始めました

shinoです。

本日はアクセサリーの納品に行ってきました。
今日からレンタルボックスでの委託販売を始めます。
お店は栃木県宇都宮市にある、「Lapis08」(ラピスゼロハチ)さまです~!
来年2月末までの半年間の予定です。

すてきなオーナーさんとの出会いは結構前で、友人に誘ってもらったフリマでした。
同じブースで一緒に出展していました。
友人の友人だったその方は、それからなんと雑貨屋さんをオープン!し
(ご自身もハンドメイド作家さんです)大谷石の雑貨を中心に
ハンドメイド作家さんむけのレンタルボックスをお店内に設けています。
神です神…。
家からかなり近所ということもあり、とても足を向けて寝られそうにありません。
ありがたいことです。

レンタルボックスは初めてで、何かと学ぶことがいっぱいです。
ディスプレイの仕方が今は一番知りたい!
かわいくて、世界があって、手に取りやすくて、ひきこまれるようなディスプレイ…。
今のところはどんくさいままです!!
うおお。

SH382340 (2)
(がんばれ俺!薄暗い&上の空間がどうにも気になる)

大谷資料館、平和観音など観光スポットのど真ん中にあるお店です。
8月14,15日は「夢あかり」というキャンドルイベントがあり、
かなりの人出が予想されますが、お近くの方はぜひ寄ってみてくださいね。
おいしいレモン牛乳アイスや、とびきりかわいいフルーツバーもおいてます♪

おとなりはかわいい益子焼作品がそろうお店「さんて」さんです。
こちらもおすすめ☆
お茶香炉がほしい…。

Lapis08
栃木県宇都宮市大谷1157-2
12:00~17:00(不定休・お盆期間中は毎日営業)
インスタグラム→

レンタルボックスのstar FIREをどうぞよろしくお願いいたします。

【お知らせ】ブランド名が変わります

こんにちは。shinoです。

アクセサリー部門にてのお知らせ(ひさびさ)。

これまで、shino's というブランド名(言うほどのことでもないですが)で
制作してまいりましたが、これからさらに進んでゆくために、名前を変更いたします。

新しいブランド名は
「STAR FIRE」(スターファイア)です。

「shino。」
ほんと~に最近よく、同じ名前の作家さんやお店を目にするです。
はじまりは昨年から。
なんつーのかなー、名前が同じだとなんかセンスも似通うのかな~
不思議ですが、とても「あーわかる」な感覚があるのです。
ちょっと繊細(自分で言う)。ちょっとナチュラル(自分で言う)。いいかんじにゆるい(自分で言う)。
他人の感じがしないといいますか。

自分の制作物について、深く感じざるを得ない日々でした。

そして出た心は、
「私と作品を切り離したい。」

作品とは、親と子のような関係なのはわかってる。
でも、親と子って別人じゃないですか。
作品は私そのものが現れるのですが、私ではない。

子供より親が前に出てどうする

そんな声です。

それから違和感をずっと感じており、しかし離れがたく…
「私」がつくるアクセサリーという意味でつけた「shino's」に愛着もあり、不安もあり…。
ずっともぞもぞしておりました。
が、ようやく新しく踏み出すことができました。

オンリーワンより、どこにでもいる特別を。
わたしふつうのおばさんになる。
ハンドルネームはかわりません。これからもしのさんとお呼びください。

新しいSTAR FIREをどうぞよろしくお願いいたします。

SH382333 (2)

浴衣を寝間着にする楽しみ

shinoです。

夏の夜は窓を開けて、エアコンを付けずに眠ります。
虫の声が聞こえてきて、窓の外の夜空を想像するのも楽しい。

さらに去年からはまっているのが浴衣で眠ること。
汗を吸って快適なうえ、空気をはらんで涼しく、優雅な気持ちになれてとてもよいのです。
旅館の浴衣はたいてい翌朝めっちゃ乱れるのですが、
普通の浴衣はおはしょりがあるのでそこまで乱れません。
さっと直せばOK。朝食くらいは作れます。

着るのはセールで買ったうすい浴衣です。
何度か着て生地もやわらかになってきてるのを
お風呂上りに素肌にまとい、こしひもをさっとしめて
伊達締め代わりに兵児帯をちょうちょむすびにして、おしまい。
寝る時は結び目をまえにもってくるか、とってしまいます。

160725_1924-02.jpg
(青い兵児帯は中古で数百円でした。長すぎるので適当に切ります)

たもとや胸元に内輪で風を送るのもたのしい。
裾から扇ぎつつ、びっしり露のついた切子のグラスで冷たい麦茶を飲むのもたのしい。

本当にいい浴衣は生地が厚くしっかりして体の線を拾いすぎず、
大人にとてもよく似合うのですが
寝間着なら安物がおすすめです。
古着やさんで、去年の新品を見つけたりしたら最高。
ぜひ試してみてください。
型崩れを気にすることもないので、洗濯は普通の衣類とおんなじです。



認知症が(あまり)こわくなくなった、というお話

shinoです。

認知症というものが怖いです。
どうしてそうなるのか?わからなくてこわいし、
自分の両親がそうなってしまったらと想像するのもこわい。
苦労している人の助けになれないのもつらい。
どこか遠くへ行ってしまったり。

でも、今はあまり怖くなくなりました。

先日迷子のおじいさんを救助したからです。

朝友人と車で出かける途中、見かけたおじいさん。
道の端でひざをかかえて、動かない姿勢。部屋着のような服。
そして裸足。
「ああこれはもう絶対アカンやつや!」とブレーキ。

友人と、なるべくおどかさないようにそっと声をかけ、
近所の方にも協力していただいて、保護しました。
警察に連絡したら家族から届けが出ていて、
小一時間あとにはパトカーがやってきて、無事帰っていかれました。
分からなくなってしまってる部分はあれど、
インテリジェンスを感じる、柔らかい雰囲気のおじいさんで、
最後は近所の方とお子さんとみんなで手を振って見送りました。
誰かの乗ったパトカーをこんな笑顔で見送ることって、
普通は絶対ないなと思ったらおかしかった。

なんていうのかな。

けっこう、みんなポンコツで生きているんですよね。
大人になってみてだいぶわかって来たのですが。
心技体ともに絶好調!という人はあまり多くなくて、
疲れや痛みを、心や体に隠し持っている人のほうが多いのかもしれない、と思うのです。
一見、美しい人も元気な人も、押し出しのいい人もお金を持った人も。

父が治療中なのもあると思います。
認知症の家族がいるのも大きい。
近所に年配の方が多い事も一因です。
元気な家族も、毎日頑張って奮闘して、疲労をかかえていて。
私もときどき腰が痛かったりしますしねえ。

それでわかったんですが。

みんなどこかしら「ポンコツ」で生きている社会で、
私は、どこかの誰かの家族を助けることができた。
周りのみんなと協力して、普通のことをしただけで、何も大変じゃなかった。

だから、もしいつか私の家族が迷子になっても、きっと誰かが助けてくれる。
みんな少しずつポンコツの社会で、出来る「当たり前」を使ってフォローしあって生きてる。

そんなことを信じられる気分になって。
そしたら怖くなくなりました。

あの日、ほぼ初対面の近所の人も子供たちもおまわりさんも
みんなすごくあたたかかった。
友人は自分のペットボトルを渡して飲ませてあげていた。
迷惑そうな顔一つせず、親切で、当たり前のこととして動いてた。

ニュースには載らないだけで、やっぱりそんな人が世間には多いと思う。
私はそうありたいし、そういう世界にしたい。
私が世界の人の心を刷新する、とかいう大それた意味じゃなくて、
ただ自分が「そういう世界だと感じる心」でありたい。

だって、そういう心構えじゃないと、そういう人たちに失礼だから。
そういう心でいたら、そういう人達にいつ出会っても
「当たり前」を共有できるから。

思えば電車内で、街角で、
そういう人達にたくさん出会ってきたなあ。

あのとき、車を止めるといった時に
友人に「ほっときなよ」って言われなかったこと。
「当たり前」だけど、本当にうれしかったです。
瞬発力はあるわりに、ささいなことで私はすぐストップする。

そのあと友人と神社に行ってご祈祷を受けて、
お昼にギョーザを山ほど食べて帰って爆昼寝しました。
後で話してわかったことですが、ご祈祷の間、
二人ともついおじいさんの幸せを祈っちゃっていた。
笑いました。

「情けは人の為ならず」。

誰かの助けになることをすると、巡り巡って
自分のところへ良いことが返ってくるから、
他人を助けることは自分のためにもなるのだ、と昔の人は言いましたが、
この日の私には、
巡り巡らず一瞬で帰ってきたように思われました。



プロフィール

Author:erisino57
shinoです。農業しながらアクセサリーを作っています。不定期ですがフルオーダーメイドも。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR