インフルエンザ攻防記

shinoです。

ちょっと奥さん聞いてくれます?うちの夫ったらインフルエンザ2連チャンでしたのよ!!

治るまでにいろんな発見があり、それを記したいと思います。

前回のインフルエンザ(B型)が治ってすぐ私が倒れ、
その看病と仕事で疲弊していた夫。
せきをしつつもだんだん元気になっていって、
久しぶりに出かけた先でA型をもらってきました。(不運!!)
「なんか、またせきがでるなあ」
それは2日ほどでひどくなり、ある朝8度9分の高熱。

その翌日から…、私は友人たちと楽しい旅行の予定がありました…。

夫「ごめんね」
私「うらみます」

私が看病しないと、母や姉を通じておじいちゃんに移る可能性があります。
それだけは避けねばいけません。
やむなくキャンセルしたときの、「これが、私の戦いなのだ…!」という清々しくも切実な気持ち。
間違ってなかったと今思います。

それからほどなく、私も頭痛がはじまりました。
判断力が落ちて、買い物がもたもたする。決められない。
間違いない、もらってる!チックショー!!

前回の反省を生かし、今度は寝室に夫を隔離。
食事を運び込むときはマスクと手袋着用で接していました。
でもやっぱり潜伏期間にもらってたようです。夫婦だからね!しかたねえね!

「もらわない」から、
「活動限界を少しでも先に」に目標チェンジ。気分はエヴァ。
体内にはいったウィルスが増殖する前にどんどこ倒せば
発病は先延ばしにできるはず。
それには免疫力を底上げすることです。

前回のインフルエンザの発病までは3日でした。
頭痛、だるい、のど痛いを経て、ある朝どかんと高熱がでます。
少しでも伸ばして、夫を看病しつつ回復を待ちたい!
バトンタッチするなら少しでも元気になっててもらいたい!

戦いが始まりました。鍼灸師の友人に助言を求め、前回にいろいろプラス
そして結果から言います、勝ちましたー!

食事を作って夫に食べさせて、自分も食べて寝て、とにかく寝てもとれない頭痛。
この、しつこい頭痛!さすがインフル。
発熱する前の感じが続きます。
とうとう、「完全アウト!秒読み段階はいったこりゃ明日朝発熱だわ」
という夜があったのですが、最後まで抵抗!!
すると、翌朝あれ?熱でてない。
だるいけど動ける。ご飯作れる。
そしてその午後には「なんか、平気?」
その翌日には「…勝った!」という実感がありました。
うわあ、病院行かずにすんじゃった!
(まだ移す可能性は考えてマスクしてます)

その最後の夜まで、私がいろいろやったことを記します。

<すごく効果を感じたこと>

1、速攻で葛根湯を飲む!

 友人いわくタイミングが重要。熱が出る前の、風邪かな?くらいで飲むとよく効く。
本当に目から鱗の効能でした。すごくおススメです。
発熱してしまったら、銀翹散(ぎんぎょうさん)という漢方がよいそうです。(即ネットでポチりました。)
漢方は高いというイメージでしたが病院代と比べてそんなに変わらず、
処方薬と違い残ったらそのまま取っておけるので、かえってリーズナブルかも。
混んでる病院に通うしんどさからしたら、ドラッグストアでぱっと買えるなんて夢のようにラクちんです!
ちなみに、病気には「濃い効能を短期間でギュッと効かせる」のが漢方の考え方。
治ってもだらだら飲み続けるのは良くないそうです。
ユンケルを飲んだことがある人は分かると思うのですが
あれ、その時は元気になって後で倍疲れるんですよね(笑)。まさにピンチを越えるためのもの。
それと同じで、自分の生命エネルギ―を一時的にぎゅっと使ってウィルスをやっつけるので、
飲み続けるものではないそうです。
(体質改善とはまた別ですよ。)

2、「タモリ式風邪対策」
熱いお風呂に長くつかり、重ね着をして寝る。
汗をいっぱいかいて夜中目覚めたらまたお風呂に入り、着替えて寝る。
うわさで聞いていましたが、すごくよかった!
汗をいっぱいかくと夜中に決まって目覚めていましたが、
2度目のお風呂。斬新。
ここちよい脱力感でとてもよく眠れました。寝汗は冷えるので全身きっちり取りかえます!

3、眠い、だるいと思ったらすぐ寝る。8,9時くらいに寝る、とにかく寝る。
風邪のときって逆に遅くまで起きてしまいがちだけど、とにかく睡眠時間=治療時間と知りました。
仕事やネットへの未練を心で切る!
インフルへの対処は、個人的にこれが一番の肝だと思います。
とかく、一番むずかしい。
でも一番効くんだ!

<大事だな~と思ったこと>

1、食べすぎない。
消化に体力を使うと明らかに体が疲れます。
食べないのは不安なんですが、むかむかするので甘酒だけ飲んで寝たら翌朝スッキリ快適でした。

2、ゆたんぽの位置
金属製のゆたんぽを愛用しています。
ふとももの間に挟むと、足の付け根の太い血管が暖まり足先までしゅわっとぽかぽか!おもしろーい!
おしりの下に敷いたりお腹にのせたり、そのつど冷えてる場所に動かしてあげると、
朝まですごくあったかいです。
タオルで袋を作っていれると熱くないよ。

3、発酵物
前回のインフルエンザのあとお腹が弱くなってたのですが
味噌汁と納豆とごはんだけはもたれずに食べられました。
免疫細胞は腸で作られると耳にしたこともあり、お味噌汁を必ずつくることに。
人数分×おわん一杯の水を鍋に入れ、あるものを味噌で煮るとなんでもうまいです。
甘酒、納豆、ぬか漬けなどもよいです。
現在、おなか快調です。

4、湿度を保つ
ウィルスの活動を押さえるには50%くらいがよいそう。
のどの粘膜を元気にたもつことで、予防もできます。
うちの加湿器は豪快で、つけるとものすごく寒いので
代わりに寝る前に部屋に置いてある電気ポットの電源を切り、ふたを開けます。
蒸気が上がって十分な湿度が得られました。
それと洗濯物の部屋干しが一番ラクでしたわ~。
手作り加湿器も作りましたが、抜本的対策にはならなかったです。

5、電気を使わずにあたためる
「汗をかこう!」と思ってこたつや電気毛布であたためていたら、
なんだかすごい消耗しました。のども痛くなるし。
なので、白湯やお風呂であたたまったら、湯たんぽを抱いて寝る。
寝ている間の自然な体温の上下をじゃましないのがいいんだと思います。
体は必要だと思ったら体温をあげ、汗を出してくれるみたいで、
同様にしても治った今は全然寝汗をかきません。

<欄外>

1、アーユルベーダのスパイスティー 「サマハン」
ノンカフェインの粉末状のお茶です。
スリランカの人が風邪ぎみの時に飲むそうで、あたたまって汗が出ます。
葛根湯のカジュアルバージョンという感じでしょうか。
ショウガやブラックペッパーと、圧倒的多数の見たこともないスパイスに心躍りまくり!
ミルクティーに入れたりお湯で溶いたり。
チャイ好きの私、とても気に入りました。
これも常用はしないで、冷えたな~!というときに。

2、グンゼの下着
汗を気持ちよく吸ってくれる綿100%の下着はさいこうだ!
パジャマの下に長袖上下を着ると快適です。
グンゼはオシャレ感はないかもしれませんが、ほんとうに良心的なメーカーさんだ~。
洗濯タグを印刷にしてあったり、やさしさを感じました。お値段も◎!

3、リストウォーマー&室内履き
ウールのリストウォーマーを寝る時もしていました。すごい快適!
毛糸で編んだ室内ばきも。いま寒いからね!
朝、窓の内側に霜がついてたから

インフルエンザは自分の免疫で治す病気とは聞いていましたが、正直不安でした。
でも体感してみて、できるんだ、って実感しました。
抗インフルエンザ薬はあくまでもウィルスの増殖を抑えるもので、
それがないと!ってわけじゃない。大丈夫だった。
(前回のインフルでも飲んでいません。処方された麻黄湯を飲んで寝てました)

免疫、すごいなー。
漢方すごいわー。

いろいろ勉強してみたくなりました。
看病レシピ編もそのうち書きたいです。


追記。
治った翌日の午前中に、ノリノリでこのblogを書いていたら午後から「なんか…気持ち悪い…?」。
あやうくぶり返すところでした。

あほちゃうかと。
ばっかじゃなかろかと。

しっかり自分に集中しきること!大切です。
気をもらしたらアカンです。
しっかり休んでよくなりましたが、ほんとに赤面の恥ずかしい失敗でした。
スポンサーサイト

反省と戦いその後

インフルらしいshinoです。

病院にいったときは発病してまもなかったため、インフルエンザ検査ができませんでしたが
39.5度の高熱がでたのでインフルはほぼ間違いないと思われました。
今はだいぶよくなりこうしてパソコンに向かっております。

今日はインフルエンザの豆知識をお教えしたい。

インフルエンザにかかると、とにかく寝ていることになるので
3日めくらいで腰、背中が痛くなってきます。
寝ているのもつらいくらい。
家族にそっとさすってもらうと全然違います。
また、固いところに引いた布団で寝ると気持ちよかったです。

室温調整。
どうせ高熱でるんだし、部屋は寒くてもいいだろうと思っていました。
間違ってました!
部屋が寒いと、熱が出ても汗をかけないのです、これはつらい!
汗をかけないということは、必要以上に上がった体温をさげることができないということなので
ウィルスを殺す以上に体に負担がかかります。
室温は20度、湿度は50%くらいがよいです。湿度が低いとのどがつらい。
快適に闘病できます。
エアコンでどうしても乾燥するときはマスクをするといいですよ。

飲み物。
高熱が出る前はかならず悪寒がでます。
39度くらいだと、ダウンを着こんで湯たんぽを抱いても止まらない、
大きな悪寒です。
これは体が熱を作るための自然な反応ですが、不快でもあるので、なるべく少なく済ませたい。
そういうときは湯冷ましがよいです。
薬を飲むときも、水分をとるときも、ぬるま湯か、のみごろにさましたお湯をとります。
外からとった熱のぶんだけ、ハッキリと体は楽に体温をあげることができます。悪寒が少なくなりました。
食べ物も同様。
あたたかいスープやお味噌汁を飲むと汗がわっとでてスッキリします。

インフルエンザに家族がかかったら、隔離がいちばん。
看病する人と接する時はマスクをつけて、というけど、なかなか無理でした、うちの場合。

病人はしんどくてしゃべれないので、看病する方のためにこれを書きました。
お大事にどうぞ。

反省と戦い

shinoです。

おおなんということでしょう。夫がインフルを持ち込みました!

この4日間ほど、看病、農作業、栄養のある食事作り、
防衛に集中。
おかげで夜10時にはお風呂から上がり、
間接照明の下でストレッチをしながらクラシックを聴いて眠るとこまで行きました。
どんどん上がる生活の質。
「快適を追求して免疫力アップ!」が合言葉(一人で)。

免疫力ってあいまいな言葉なのかもしれませんが、こういうとき便利です。
ちょっとしたストレスを取り除くことはやっぱり
翌朝の気分につながります。

それでまあ結果として私もかかりました。

今朝から発熱しております。しょぼん…。

でも、死にそうだった夫にくらべ、なぜか余裕があります。
熱も37度5分とそこまで高くないし(なのでインフルとはまだわからない)
なんでだろ?

私がやっていたことは
1 プロポリスを飲用
2 自家製ゆずをしぼってはちみつと飲む
3 鼻うがい
4 チキンスープを作ってふうふう飲む (鶏ガラ128円とネギ1本なのに、すごくあたたまりました。)
5 テレビを見ない
6 パソコンを見ない
7 手作りアロマスプレーで抗菌作用を期待
8 部屋の湿度を50%以上にあげる
9 カリンを買ってきて煮詰めて咳止めシロップを作る
10 疲れを感じたらビニールハウスでも大の字に

この中でプロポリスが結構効いている気がします。
のどの痛みに、はちみつと練り混ぜてなめるとよく眠れました。
小さじ1のはちみつに対し、液体プロポリスを10滴から15滴、
目安は、なめてみて「マッズ!!」となるくらい。

そして反省は鼻うがい。
鼻うがいは、喉が乾燥してつらいとき、鼻の奥と
のどの境目が乾いて痛いときにすごく気持ちいいのですが、
「ウィルスを洗い流すんじゃ!」と一日3回くらいやったのはやりすぎでした。
発熱しだしたころ、ちょっと右耳の奥がじんじんして。
やりすぎて雑菌がはいったのでしょう。よくわかりましたわー。
ちなみに今は治っております。

なにごともやりすぎは毒。
反省です。

みなさまもお大事にどうぞ。

あけましておめでとうございます

shinoです。

みなさま、お正月はのんびり過ごされましたでしょうか?
私は31日までお仕事で、大掃除完全スルーという年の節目を迎えました。
見て見ぬふりつらかった~

それでも新年の空気は特別ですね。

いつもの日常も、いっそう好もしいです。

今年は勉強する年にしようと思っているせいか、
久しぶりに録画した「18祭」を見たら泣けてきました。
ONE OK ROCKと18才のファン1000人が努力を重ねて作り上げた楽曲のドキュメントです。
ラストのコンサートでは、若い子たちのねじれのないパワーがすごく胸に迫ります。
1000人のコーラスが力強くて美しい。エモーショナルで自由で。
ほんとにステキだ君たち!
(ワンオクさんたちの本気度は言うまでもない!あのひとたち手を抜かない)

さらにyou tubeで海外のファン(大人女性2人)がそれ見てもらい泣きしちゃってる動画なぞ見て、
ここで完成するもらい泣きループ。
妙齢の女性の共感力は国境を超えます。

「先がなんだかわかろうがわかるまいが、前に進む」っていう
若者のエネルギー。
なんて健全!

希望をもらいました。新年におすすめです。

また歌詞がすばらしい。

「自分をごまかして生きることに意味はあるのか?」

「君があまりに若く孤独なせいで、
絶望にさいなまれることがあっても大丈夫。抱きとめるよ」

「僕らは闇の中の無限にまたたく光だから」

「本当に弱いのは彼らだ。何もわかっちゃいない。
何が起きようと心の真実は、けして傷つかないのだから。」

「背をのばせ、顔を高くあげろ!」
「何も、恐れない。」

意訳ですけどこんな感じ。おお…つらい。かっこよすぎてつらい!
わかるよ!
進む怖さも、孤独がもっともおおきな障害となることも。
だから大丈夫っていうんだよね、それを知っているから。
同じ思いを持つものは、大きな意味での仲間だって知っているから。

同じ思い。
それは「自分をごまかさずに生きたい。生きる」です。

私もそんな感じでかつ、周りと調和しながら
いい感じに生きていきたい2018です。
どうぞよろしくお願いします。

エスニックが好きすぎる

shinoです。

師走も後半に入りました。みなさまいかがお過ごしですか?
こちら栃木では朝の気温(室内)0度です。
熱湯を満タンにいれたゆたんぽが激ラブな毎日でございます。
暑くてもてあます贅沢。

さて最近、フォーの良さに開眼しました。
いや、タイの食べ物全般といったらいいかな。

お米でできた乾麺、フォー。
ゆで時間は5,6分とパスタよりも短く、価格も
カルディで買ったら450グラムで300円程度。
意外とたっぷり入っています。

で。
それを汁麺にしたりパッタイにしたり。

あ、ごめんなさい、パッタイが大好きすぎるもんで大文字になっちゃった。

パッタイとは甘辛い炒め麺です。
桜エビともやしと卵とひき肉とピーナッツ(!)を炒め、味付けし
ゆでたフォーと絡めて出来上がり。
味付けは、ナンプラーと同量の砂糖、唐辛子とレモン汁です。

まったり甘辛い麺にもやしと卵が絡み、ピーナッツが楽しい歯触りとこくをプラスし
桜エビが香ばしさと海のうまみを加え、レモンがきゅっとひきしめる。
後口はじんわり辛い。

(私はスイートチリソースを加えてさらに甘辛くします。)

甘からすっぱい、そしてヒリヒリ。
どこまでも食べられちゃう。
食材のこの素晴らしいくみあわせ、タイのお母さんたちって天才すぎる!!!

あんまりおいしくて二日連続でお昼はパッタイでした。
三日目はフォーのカレー風味(笑)
我が家のエスニック化が進むと言われました。

でもね、フォー(米麺)ってとっても使いやすいです。
うどんのように汁にいれてもいいし、パスタのようにソースとからめてもいい。
小麦粉が入っていなくてもちゃんとうまみと、しこしこした舌ざわり。
米だからか、和風の食材ととても合うのです。
二日めのパッタイの具は小松菜とチクワでした。
これまた、うんめぇ~。おさいふにもやさし~!
ナンプラーという調味料のうまみのおかげでもあります。

タイの食べ物、味付けが、どうしてこんなにしみるのか。
この甘辛さは体になじみます。
もちろんパクチーも大好きです。

忙しい食事に意外とフォー、おススメです。
麺を5,6分ゆでて、最後にもやしさっと入れて、
別のお鍋で鶏肉をあつあつの鳥がらスープでゆでて
塩コショウで味付けして、両者を一緒にするだけ。

あとはテーブルで酢、塩、唐辛子、ナンプラー、砂糖を
好きに足して食べるという現地のやり方も
たいへん好ましいですな。

シンガポールチキンライスのお話はまたの機会に。




プロフィール

Author:erisino57
shinoです。農業しながらアクセサリーを作っています。不定期ですがフルオーダーメイドも。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR