FC2ブログ

淡々としびれながら

shinoです。

友人を招いて大お味噌作りをした週末でした。

大変だったけど(みんなワクワクで、たっぷり作ったから!)
ああ、幸せだ―、楽しいなー、楽しかったなー!しか
言っていなかった気がします。

妊娠中の友人が来ていたのですが
とても女っぽく、きれいになっていました。
(しかしよう動く、働くにんぷさんであった)

彼女がやっている趣味の良いブログに、
めずらしく妊娠するまでの気持ちや、分かったことを
思いを込めてつづっていたのを読み
ああ、と言葉にならない
深い気持ちになりました。

美しいクラシックを聴いたときのような気持。

深いところから響きあがる感情がありました。

私は、昨年から妊活中です。
結婚して11年になります。

もうこどもはできないかな…と
思いながらも奇跡を待ち続けて10年。
ははは、の1年。
ハッ、もう最後のチャンスだ!の去年。

ずっと持っていた

コワイ
痛い
かなしい
せつない
「医師の前に立てば、自分が欠陥品だと言われているように思えて、
それがどうしてもどうしても、辛い。認めたくない。」
という思い

気合とかあきらめとかで
なんとか踏ん切りをつけて
やりたいことからやってきました。

漢方を飲んだり
ウォーキングをしたり
やってみればそれは心地よくて楽しいこと。

見たくない現実はやっぱり
見たくないままで
そこに転がっていて

自分の状態の悪さ。
見てしまったら
どーーーーーーーーーーんと
落ち込む。

余計体調悪くなる(笑)

でも、そこから。
ゆっくりと良くなっていきました。
そうか、全ての回復や好転というものは、
「見る」ことからはじまるのだな、と気づかせてもらえた
経験でした。

そして
半年がたち、
ああもう!妊活やだー!飽きた!
と、今絶賛やさぐれ中です。

でも彼女のブログを読んで
そんないまの自分も懐かしく、
愛おしいと思いました。

なつかしいってなんだ?
そうだ、これは大学受験前の、
必死で絵を学んでいたころの私だ。

あのころ、頑張り方も抜き方もわからなくて
ただ負のスパイラルにはいっていった頃の私。

イイコだったけれど、ブチ切れて、
もうやだー!ちっくしょう!と
友人たちと徹夜でカラオケしたり
夜の公園でチューハイ飲んでみたり
たばこ吸って周りから「ええーしのちゃんはやめてー」
と言われてしまう私。

あー、なつかしい。いとおしい。
悪くないなあ、
こんなふうに昔の自分と会えるなんて。

そして、あなたはわたしだ。

こんな落ち込みも
私なんだ。
そうか、これでいいんだな。

胸がしびれるような気持になりました。

まだわたしはにぎりしめているものがある。
未来への不安
理想とする農業
経済面
体力への不安

同時に
夫が大好きで大好きで尊敬していること。
色々なことで意見が分かれて悲しくなっても
むしろ、だからこそこの人でよかったと
胸を張って言えること

そういう自分に誇りをもっている。

どちらも味わいながら、
生きてゆくのだな。

淡々と日常。
内では様々な思いにうちぬかれて
しびれながら生きる。

それが、ものすごく幸せなことなんだと
分かったような気がします。

ありがとうを彼女へ。

どんなことも濃く深く感じてしまう。
外にあらわれなくても
よいではないか。
と、今を生きる私へ。
あの頃のわたしへ。

180818_0722_01.jpg
スポンサーサイト



逆バレンタイン

我が家では、3年ほどまえから逆バレンタイン制です。

夫の「俺そこまでチョコ好きじゃない。君の方が好きだろう。
逆にして、お返しにお酒とかもらうほうがうれしい」
の発言から、
正式なバレンタインの日に私が夫からチョコをもらい、
ホワイトデーに私が夫にお酒を返しています。

デパートのバレンタインフェアに二人で行き、
じっくりとチョコの百花繚乱を楽しみ、
思う存分悩んだうえで今年は、これ!というものを買ってもらいます。
ちょっといいお酒がお返しにもらえて、夫もうれしそう。

昨年はほうじ茶と抹茶のチョコのつめあわせでした。
おかめとひょっとこの絵が描かれた箱。
今年は何にしよう?

華やかなチョコレートフェアを自分のために歩ける…
しかもプレゼントしていただける!
至福の喜びです。

ご夫婦の方、おすすめですぞ!

豆ごはんうまい

ちょっと奥さん!大変なの豆ごはんうまい!

shinoです。

どうもご無沙汰していましたがいきますよ!

昨日、栃木名物しもつかれに備えて、
大豆を炒り豆にしてたんです。
そしたら大量にできちゃって。多少こげちゃって。
どうすっかなこれー、そういや炒り豆の炊き込みご飯てあったっけ、と料理本をペラペラ。
ふむふむ、材料は濃いめのほうじ茶、しょうゆ、酒、塩少々、炒った大豆。
濃いめのほうじ茶、なんて言葉がもうおいしそうではないの。
お茶で炊くなんてはじめてだなー、
でもちょうどここには古い緑茶をフライパンで炒った「なんちゃってほうじ茶」があるし、
もち米もあまってるし、半々でおこわ風にしてみっかあ、
なんて気軽にポンしてみたんです。

そしたらあなた!

超うまい!!!!
超!!

うまかったんです!!!

ほうじ茶の香りと炒り豆の香ばしい香り。
おしょうゆ色のもっちりしたごはん。
大豆のしこっとした歯ごたえ、うまみ。

炊いてる時からやばいなー、この匂いちょっとキテるなーと思ってたんですが、
出来上がりはおこげも含めて最強でした…。

いやだけどこんなシンプルな材料で、肉も魚もだしも
はいってないのにめっちゃうまみが濃いって何!
すごい香り高い!
日本人スゲー!

もう、もりもり食べました。

でも大豆ってご存知のように味噌醤油豆腐油揚げ豆乳プリン台湾スイーツと
もはや私たちの身体を作ってますよね?
そして日本人の(女子の)心にスマッシュヒットしつづけてますよね?

多分私たちが大豆を食べてるんじゃなくて
大豆が私たちを使ってるんじゃないですかね?
その溢れる魅力を使って、
私たちはおいしく大豆を食べさせてもらって
イソフラボンなど頂いてつやつやなカラダを作って、
大豆族の末永い繁栄に手を貸させていただいてるんじゃないですかね?

夫に言うと「そうだ。」と言っていました。
私たちは大豆の乗り物。

明日は節分です。
余った炒り豆は、ぜひほうじ茶とおしょうゆで炒り豆ごはんに。