FC2ブログ

生きるって?

shinoです。

近年私の心を占めているホットワードに「生きる。死なない」があります。
(あたりまえか)

友人に父。
病で、いささか早すぎる退場をしたひとたちを見ていて
「私は生ききらねば。申し訳がたたん。」
そう思ってきました。
だけど、力こぶがいつか筋肉疲労になってしまうみたいに
ちょっと最近力はいりすぎてた。

去年は謎の不調に見舞われることが多くて、
歯の治療も終わんないし
冬は寒いしで
今まで平気だった生モノに当たったり
なんだか、なんとなく、下がり気味。
免疫力下がってるわあ~と実感する30代の終わりでした。

うう、年の瀬。(ちがう)

まあそんな中でも地道に漢方医に通ってみたり
身体が欲するままに歩き回ったり走ってみたりして
ゆっくりとアガルのを実感。
それは悪くない経験でした。

でもやっぱり、
暗い淵が心に常にある。
毎晩確かめに行っては淵のほとりで考えている。

(あーこれたぶんだめなヤツ)と、思いながらも。

ただがむしゃらに、ああなってはいけない。と
父や友人の姿を心に焼き付けて、「活かす。無駄にすまい」と
思ってきたけれど、
ある朝、夢の中で聞こえたのは「責難は成事にあらず」という言葉でした。
小説のラストに出てくる言葉です。

誰かが過ちを犯したとする。
その過ちをとがめ、その反対のことさえしていればよいというものではない。
そこに自分のビジョンがなければ、真実に事を成したとは言えない。

ああ。そうか。と思いました。
私は知らずに行き詰っていたようです。
生ききる。
生きねば。
死んではいけない。
でも、じゃあ、生きるって?
生きるってなんだ?

仮に完全に安全な密室で60年を過ごし天寿を迎えて、
それで、「私は」生きたと言えるの?

友人も、父も、
ちょっと短かったけれど、生ききって、走り抜けて。

私の生きるは何だろう。
生きる、より良く生きるって。

わかりません。

でも、もしかしたらだけど
今、この一瞬を、濃く、最大限に幸せに感じ取る事が大切な気がする。
幸せがなければ、
辛さを
さびしさを
痛みを
疲労を
自責を
悲しみを、
最大限に。
今、できる最大限を。

喜ぶときは
全身全霊で感じて、喜ぶ。

それが、命を無駄なく使う、という感じだろうかと思います。
せっかくあるのだもの。

でも、不思議です。
そんな風に考えていると、命の長さなんてそんなに重要なことじゃないのでは、と思えてくる。
ほんとうに今を最大限に感じ取るとき、
先のことは頭から消えているものだから。

命は終わる。
続こうと
絶えようと
終わる。
どう生きてもいい。
それでも私は生ききりたいし、生ききりたいと思っていたことを忘れたい。

ああ、そういやそうだったっけな、
と思い出しながらその時を迎えたいものです。
スポンサーサイト



音楽のちから「わたしのふるさと。」

先日、街を歩いていたら迷子になってしまい、
道を聞こうと入った本屋さんで
思いがけず、バイオリンの生音を耳にしました。

無料ミニコンサートの開催日だったそうです。

奥でリハーサル中のバイオリニストたち。
弾いていたのは「「パッへルベルのカノン」。

好きな曲です。

本を選ぶふりをしてしばし聞き入り、
涙が出そうになってあわてて道を聞いて去りました。

なんで、本物の楽器の音というのはこうも
違うのか。

空間全体が鳴っているようなあの音。
「感動」というエネルギーに有無を言わせずだきしめられて
奥底からふるえがのぼるような気がしました。

私には、歌手の友人がいます。
伊勢に住んでいる彼女は
歌と司会の仕事をしながら
時々、自主制作のCDを出します。

私はそれがとても好きで。

普段聞いているロックとは違う曲。
美しい声。
なめらかで深い、バイオリンのような。
強く優しい正統派の歌声です。

聞くとしばしば、あの本屋の時と同じような涙がでてしまいます。

そんな彼女が最近またCDを作りました。
「わたしのふるさと。」というミニアルバムです。

夜、家で聞くと胸の深いところから息ができるような気がする。
昼、ビニールハウスの緑の中で聞くと、命にはじまりと終わりがあって、
つながっているという事実をただやすらかに受けとれるような気持になる。
歌の中のかわいらしいヒヨコの奮闘に涙ぐんだり。

先日彼女とメールした際、ついでのように本屋での出来事を話しました。
恥ずかしいけど、きっと分かってくれるんじゃないかと思って。

脳が癒されるよね、芸術って!

そう返ってきました。
そうだった…癒しの涙だった。

ああ、本物の世界を知っている人。

メジャーな世界で舞台に立ち、歌とずっと共に生きてきた彼女は
あたりまえだけど、本物の美しいものをたくさん聞いている。
その美しいものを送り出す立場にあって、どんなにか努力したことだろうと思います。

今が一番、やりたいことができているという彼女。
小柄でとてもきゃしゃなのに、空間全体を大きく鳴らすようなその歌声。
またいつか生で聞きに行きたいな。
その時私はまた、奥底からふきあがるような涙をこぼすのだと思います。

彼女のブログはこちら。
「カナリアちやこ(^^♪の伊勢日記☆歌に生き~愛に生き~( *´艸`)」

190302_1557_02.jpg
ヒヨコのようなトマト。ご縁を感じます^^