愛で受けとる。

shinoです。

先日、都内に住む長い友人とメールしていて、こんな言葉を送ってしまいました。

「私はそんなに忙しくないよ。自分責めに使わないでね。」

shinoは農業してて、個人活動もしてて、家事もしてて、忙しいよね、という友人。
都会勤めの彼女は、自炊をしようとがんばっているけど疲れちゃってなかなかできないの…と、かわいい。

でも、そこからの流れで「shinoに比べたら私なんかまだまだ。甘えてるよね。がんばらなきゃ!」
という、お決まりの流れになりそうな予感がしたから。


送ってから、はっ!なんてこと書いてしまったのだ!!!
と後悔しました。

いくらなんでもきつすぎる。
私、体面でお話ししてるならともかく。バカ。

その後、「はっとした。気づかないうちに流されてたかも。こわいね。言いにくいことも言ってくれて、ありがとう。」
という返事が。

心からほっとして…
感謝がこみあげました。

彼女が、いつも頑張っていることを私は知っています。
遠く離れて暮らしていても、よくわかるような気がする。

ごく普通の会社人として責任ある仕事を果たすために、
朝起きて、ご飯を買って、電車に乗って、暗くなるまで働いて、家に帰る。
それを毎日。

時に体調をくずしても、自分と相談しながら、ずっと。
ゆっくり走ったり、止まったり、歩いたりしながら、ずっと。

もう、自分を追い立てることは必要ない。
もう、1ミリグラムも自分を責めないでほしい。

涙がでるほどそう思うときがあります。

でも、どんな思いも、お願いも、やりすぎれば強制になる。傲慢になる。
愛から出た言葉も無作法にすれば人を傷つける。
人と人とは違うのだから。

そう分かっているはずなのに、暴走してしまいました。

私の言葉を、愛で受け取ってくれた彼女に感謝です。
そういう関係を二人で育ててこれたことを、
とてつもなくかけがえなく思います。

いつもありがとう。

DSCF1243.jpg



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:erisino57
shinoです。農業しながらアクセサリーを作っています。不定期ですがフルオーダーメイドも。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR