目標は妖精のベール

shinoです。

再来週にせまったスタイリングイベントに向けて、メイクの練習を続けています。
他人にメイクするのって、ほんとに勉強になる!
友人たちの協力を得て、目標の10人まであと4人です。みんなありがとう!!

それにしても、本当に一人ひとり違いますね。肌の質感も色も髪質も。
それぞれの美しさがあるなあ、としみじみ感動します。

やっていてよく感想をいただくのが、「タッチが優しい」ということ。すごくうれしいです!
私自身が肌が弱くすぐ痛くなるので、そこは一番大事にしている事です。
また、私はファンデーション、下地をほとんど使いません。
だからそもそも肌にあんまり触らないんですね。

「お店でメイクしてもらったときは、ファンデを結構ぐいっと塗られた」と言う方が何人かいました。
「痛かった」と言う友人も。
私も経験があります。
メイクカウンターに行ったときの経験ですが、スポンジでわりと圧をかけて手早く塗る印象でした。

これはどっちが悪いということじゃないんですね~。

結婚式とか、写真撮影とか、しっかりメイク感が必要だったり、
一日くずれずに持たせなくちゃいけない時に、下地やファンデは必須だと思います。
くずれやすい部分は毛穴に埋め込むように塗らないと脂でぽつぽつ穴があいちゃうし
薄くムラなく広げるためには、スピードもいると思います。
照明の熱に耐えたり、写真になったときを計算にいれて質感を調節したり。
プロの方はほんとにすごいです。

私のメイクはだから、そんなに持ちません。
多分、2、3時間くらいかな。
その分、やわらかさに命をかけて、
イベント時に最大限のキレイをお見せしたいと願っています。

レストランの厨房を手伝った時に聞いた、好きな言葉があります。
「レタスをちぎるときはストレスフリーで。
無理な力をくわえないようにすると、レタスが後まで赤くなりにくい気がするの。」
それがとっても楽しくて、しばらく、「人もレタスもストレスフリーで☆」が合言葉みたいになりました。

人もメイクも、ストレスフリーで☆
目指すのは、妖精のベールのようなメイクです♪

がんばるぞう!









スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

erisino57

Author:erisino57
shinoです。農業しながらアクセサリーを作っています。不定期ですがフルオーダーメイドも。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR