その日の天使に

shinoです。

昔中島らもさんの本で、こんな話を読みました。

「その日の天使」。

細かくは覚えていないのですが、骨子はこうです。
どんな人にもその人だけの天使がいて
一日の中で一度だけ、その人の前に現れる。
でも天使はいつも姿を変えるので、気づけない。
親切なコンビニの店員、電車で会ったおばあちゃん、
郵便局のおじさん。
その人が、ふと心和む瞬間、そこにはその日の天使がいる。
たとえどんな一日であっても、必ず天使は来ている。

好きな話です。


今日久しぶりに母と電話したら、最近、父の具合があまり良くないと知りました。
それで、母の休みと予定をあわせて実家に帰ることにしました。

心にぽつんと雨粒がおちたような出来事。

沈んだ気持ちでいたら、
なつかしい子から偶然メールが届きました。

昔、私が送ったなんでもないメールへの率直で暖かい、感謝のことば。
元気そうな近況。

小魚がピチピチ手のひらではねるような相変わらずのイキのよさと、
一段とまた、深くかしこい女性に成長している印象を受けました。

とても大切なものを読みながら、
うれしくて。

それからPCのメールBOXを開くと、さらに偶然、複数の方から同時に便りが来ていました。
それぞれに別な用件で、でも共通しているのは
ほんのりと暖かくて、大人の、心ある手ざわり。

ああ、こんなふうに重なることって、あるんだなあ。

今日の天使は団体でした。

みなさん、ありがとうございます。
おかげさまでほほえんでおります。
どうぞ、天使のみなさまにもよいことがありますように。

そしてRちゃん、また飲もうね!
IMG_5036.jpg



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:erisino57
shinoです。農業しながらアクセサリーを作っています。不定期ですがフルオーダーメイドも。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR