「自由と責任」、その甘美な組み合わせ。

shinoです。

このところは、いろいろ思うことを書いております。

えっアクセサリー作家!?


そうそれ俺!!
(いましめ)

さて。

結婚してからとする前のことをよく思い浮かべます。
独身時代は気楽なアルバイターで歯車サイコ―なんて
思いつつ楽しく働かせていただいていました。仕事内容にも職場の皆様に恵まれていたんですね。

今は好き嫌いナシの肉体労働で自由になるお金も5分の1くらいになりました。

でもあのころより健康、心身がいい感じで幸せです。

自由が失われるのが一番いやだったんですが(そこには自由になるお金も含まれる)
今の私が持つ自由は質が高い。

日々のご飯作りや洗濯や掃除や仕事。

責任を果たした後の自由ハンパない!

胸のうちからウワ―っと満たされる感じ!

空の美しさも
風の心地よさも
緑の色もみんな
100%!って感じで肌からしみこんできます。


うなるほど時間があった独身時代は、
フリーな時間=孤独でもありました。

誰からもお誘いがこない…
つまんない…
駅ビルでものぞくか→1、2時間経過
→足を棒のようにして電車で実家へ帰る(何も買わないしお茶も飲まない)(なのに飲み会でお金が残らない)

今思うと、その時に目から得た色々もあったし
かわいい若者だな~と思いますが、
その時はやっぱり、さみしかった。

自由だったのに幸せじゃなかった。

幸せというとちょっと違うかな。甘美じゃなかった。

今日も私はビニールハウスで大汗を流してくるのですが、
私を縛るものに見える「責任」というものが、
いかに「自由」を輝かせてくれるか。
いかに、「自由」から、「ものたりない…」とか「誰も私を楽しませてくれない…」なんていう
不純物をとりはらってくれるものであるか。

これは目の覚めるような大発見です。

「責任を果たし自由の甘美さを味わう」こと。
責任を果たし、自分に満足する。自分を好きになると、自由は本当に甘美に輝く。
真実の姿を見せてくれる。
縛るように見える責任が、私の自由を支えてくれる。

まだまだ追求している途中ですが、そういうことに、日々気づいておる次第です。
まあ今も仕事をさぼってこのブログ記事を書いているわけなんですけどね。

だからあれだつまり。
人生はいい。
結婚はいいですよ。多分育児もよかろう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

erisino57

Author:erisino57
shinoです。農業しながらアクセサリーを作っています。不定期ですがフルオーダーメイドも。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR