泣ける漫画

shinoです。

今回は漫画を紹介します。

「ハッピー!」波間信子

9784063192933_w.jpg
(サイトより画像をお借りしました)

盲導犬の漫画です。
超ロングセラーで、33巻をこえて1部完結、以後は2部の「ハッピー!ハッピー♪」が今も続いています。

失明という大きな悲しみをスタートに、
主人公の女性・香織がどんどん人として成長し、結婚し、家族を持ち
大きく豊かな幸せな女性として生きてゆく姿と、その周辺の人たちの人生ドラマを描いています。

一話完結なのでどこからでも読めるのですが、
本当に1話の底力がすごい。

セリフが研ぎ澄まされていて、本当に会話しているようなリズム感で
上っ面にならず、かつ、ものすごい真実をぶっこんできます。

久しぶりに読み返して震えました。

出てくる人たちは毎回、何かしらで泣いています。
父も、母も、主人公も、親友も…
色んな理由で泣きます。
でもそれは悲しみや不安よりも、
誰かが誰かを思う心に泣いたり、幸せへ踏み出そうとするときに泣いたり。
主人公の幸せを願って誰かが泣いたり、その逆があったり。
思いがけない喜びに泣いたり。

ほんとうに、さまざまな涙。
テーマがテーマなだけに、絶望も悲しみも、とても穏やかに描かれます。
「もう、わかるでしょう?」とやさしく。

そして、誰かのこころの緊張がとけたり
人のまごころにふれたり
こどもの純粋な言動が大人を解放したり
そんな瞬間に彼らはびしょびしょに泣きます。

涙の中にほんとうがあり、喪失の中から幸福が芽を出す。
とてもとても傷ついてもう何もしたくないと
閉じこもった心に、いつか歩き出すときがくる。
なぜなのか、わからないけれど、それができる時が来る。
そして、めくるめく幸福と落胆と不安と恐怖と歓喜に包まれて、結果、
失うことで、とても多くを得る。

人間の、深い真実が描かれているなあと思います。
そして犬という生き物のすばらしさ、尊敬すべき「信頼」という性質も。

大学生の頃に出会ったのですが、今のほうがなお染みる。

ぜひセリフを味わうように読んでみてください。
読んだ後、心がスッキリします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:erisino57
shinoです。農業しながらアクセサリーを作っています。不定期ですがフルオーダーメイドも。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR