「1円イコール1万円」説

shinoです。

ちょっと前に発見した持論を展開していいですか?

「1円イコール1万円説」です。

当時、お金というものがどうしてかいつも財布から消える私は、
お金についていろんな人のブログを読んだり
本を立ち読みしたりしておりました。

お金についていろんな見方があるんだなー!
とか、
お金持ちのお金の使い方ってすげえな!
とか、
目から鱗が落ちるような、楽しいお勉強です。

また、リアルの友人たちの価値あるお買い物術を見させてもらって
心底ふるえたり。
(金額にではなく、そのかっこよさにです)

そうしていくと、だんだんお金を大切にしよう、
大切にするって、大切に使うってことだな
感じるようになりました。
こころをこめて、いいと思ったもの、価値あると感じたものに使う。

そしてちょっとお高めの物であっても、買えるようになってきたころ。

ふと気づきました。

今私が手にしているこの1万円。
これで仮に、1円の買い物をしたら、残りは9999円。
昔の私なら、「やった!いっぱい残ってる!チロルチョコ買お!!」と
とりあえずチョコをわしづかみにしてレジに走り、
ひとときの富豪感覚を味わっておりましたが、
今の私はそうではない。
チロルチョコは食べたいときに食べるのが一番おいしいし
第一もうそんなに食べられない。

今の私にとって大切なのは、1万円のものと交換できる券が、
たった1円欠けただけで、そうではなくなってしまうという事実です。

1万円のインポート下着を片手に恐る恐る9999円を出したとて、
ランジェリー売り場のお姉さんは首を縦に振ってはくれない。
チロルチョコを添えても振ってくれない。

絶対に、振ってくれないんだッ…!!

そんなことを妄想してみたら、1円てすごいいい奴じゃないですか。
もう、すっごい重要。
1円を失うことで、1万円は1万円でなくなる。
1万円を左右する存在、それが1円!
1円の価値プライスレス!

そしたら1円も5円も10円も1万円も、
今まで以上に気持ちよく大切に、
価値あるものと交換しようと思えるようになりました。

あとこれは後日談ですが。
1円は増えることもあります。

酔ってゴキゲンで帰って来た夫が
「かわいいね~1円あげようね~」と言ってきたので
「ぃやったああああああ!!!」
と手を天高くあげ、しゃがみ込みからの垂直ジャンプをしたら、
「ふ、不憫…!」とさらに500円足してくれました。

1円を愛する心の勝利です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:erisino57
shinoです。農業しながらアクセサリーを作っています。不定期ですがフルオーダーメイドも。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR