島のたべもの~読書感想文「無人島に生きる十六人」④

shinoです。

昨日「モアナと伝説の海」を見ました。海、きれいでした~。
ウミガメを見てあ、食べられるやつだ、と思ってしまいました。

さて、続きです。

今から100年以上も前のこと、嵐で船を失い、
なんとか無人島にたとりついた男たちの物語。

KAZ86_namiuchigiwa_TP_V.jpg


今回はたのしい食べ物のおはなしです。


島には森がありません。木の実や獣がいないので、
食べるのは海の幸ばかりということになります。
そこで魚を釣るために、船でひく網を作りました。
長さ36メートル、高さ2メートル。
帆をほぐした糸をよって編み、木をけずってうきを作り、
おもりは釘やタカセ貝を集めたもので代用します。

するとどうでしょう、大変な大漁となりました。
食べる分だけとり、あとは逃がします。
焼き魚、潮煮(海水で煮た料理)、おさしみ。
お皿は黒蝶貝、おわんはタカセ貝、お鍋にはシャコ貝を使い、
楽しく食べました。おなかいっぱいにならないよう、
八分目にするのも大切な決まりでした。
しけや不漁のとき、空腹に耐えられるからだにしておくためです。

海鳥があつまる季節には、島いちめんに鳥がおりて
卵を産みました。

それは足の踏み場もないほどで、料理当番はゆでたまごにしたり、
シャベルにかめの油をたらして火にかけ、フライパンがわりにして
魚肉いりのオムレツをつくるなど変わるがわる腕をふるいました。

ウミガメも貴重な食料でした。
この島にはウミガメが集まる浜があり、
とるたびにそっと近づいて後ろ足のほうからひっくり返し、
つかまえます。
ウミガメには二種類あって、アオウミガメとアカウミガメがいるのですが
肉食のアカウミガメは臭みが強く食用になりません。
海藻を食べるアオウミガメの肉はやわらかくて牛肉よりおいしく、
油は灯りや料理用に使え、甲羅は良く燃える燃料になりました。

ウミガメの肉があまりにおいしいので、海鳥の肉は
みな食べられなくなるほどでした。

やがて、浜に打った杭に長い綱をむすび、
ウミガメの後足に結んで、いわゆる牧場を作ることに成功しました。
カメたちは長い綱の届く範囲で海で遊んだりお腹いっぱいたべたあと、
浜に帰って休むのです。
これで魚がとれないときも安心していられます。
ときどき見つかる卵は鶏卵より小さくて、丸く、灰白色のやわらかい殻を持っていて
とてもおいしいものでした。
またゆでても白身がかたまらないという特徴をもっていました。

魚とかめが常食で、卵がごちそう。
雨で仕事ができないときや病人がでたときは、
お米を煮たおもゆが出ます。
貝のおわんに一杯ずつ「なんてうまいんだろう」と言いながら食べました。



野菜がないので、誰もが青いものが食べたいと思っていたのですが、
島に生える草をよく調べると、かむとぴりっと辛い味のするものが
あり、根を掘って噛むとまるでワサビのようでした。
「これは、いいものを見つけた」と、それをさしみに添えて食べるようになり、
この島ワサビを食べ始めてから、
お腹の具合が悪かったのが改善されていいました。

忘れてはならないのが水です。
島に上陸した男たちがまずしたのが井戸を掘ることでした。
同時に、さんごと砂のかたまりでかまどを作り、
石油缶で海水をわかして蒸留水を作りました。
井戸を掘りあげるまでの間の貴重な水分です。

ここで面白いエピソードがあります。
小笠原老人は船から出る時におわんとほうきの柄を大事に抱えており、
皆に「つえの用意か」と笑われたのですが、
「はっはっは、つえじゃないよ。こんなものとみんな思うだろう。
だが、つまらないものと思うものが、いざとなると、ほんとに役に立つのだ。
それが、世の中だ。若い者にゃ、わからないよ。潮水の修業がまだ足らないよ」
と軽い調子で言っていねむりをしていたのでした。

はたして、この蒸留水製造機のためにこのほうきの柄とおわんが役に立ちました。
かまどで海水を煮て作った蒸気は上にかぶせた石油缶にたまり、
その上に乗せた海水入りの石油缶に当たって冷やされ、
横にあいた穴からほうきの柄をつたって流れ出て、おわんに落ちるのでした。

小笠原老人のかっこよさをこんなところにも感じます。

やがて、大変な苦労のすえに井戸が完成しました。
それは石灰分をふくんだ塩辛い水でしたが
蒸留水には大変な量のたきぎが必要なため、
飲料水は井戸と雨水にきりかえることにして、
かまどはこわしてしまいました。

それから、塩を作り出すことに成功し、
魚の塩焼きもメニュ―に加わりました。
ぴんぴんした魚の塩焼き。
みんなは「どうだい、このおいしいこと」と大喜び!
さしみに塩焼き、ウミガメの焼き肉、海鳥のオムレツ。
島の食事は少しずつ、豊かになってゆきます。

HT07_ryouri20150221192542_TP_V.jpg
画像はイメージです

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:erisino57
shinoです。農業しながらアクセサリーを作っています。不定期ですがフルオーダーメイドも。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR