エスニックが好きすぎる

shinoです。

師走も後半に入りました。みなさまいかがお過ごしですか?
こちら栃木では朝の気温(室内)0度です。
熱湯を満タンにいれたゆたんぽが激ラブな毎日でございます。
暑くてもてあます贅沢。

さて最近、フォーの良さに開眼しました。
いや、タイの食べ物全般といったらいいかな。

お米でできた乾麺、フォー。
ゆで時間は5,6分とパスタよりも短く、価格も
カルディで買ったら450グラムで300円程度。
意外とたっぷり入っています。

で。
それを汁麺にしたりパッタイにしたり。

あ、ごめんなさい、パッタイが大好きすぎるもんで大文字になっちゃった。

パッタイとは甘辛い炒め麺です。
桜エビともやしと卵とひき肉とピーナッツ(!)を炒め、味付けし
ゆでたフォーと絡めて出来上がり。
味付けは、ナンプラーと同量の砂糖、唐辛子とレモン汁です。

まったり甘辛い麺にもやしと卵が絡み、ピーナッツが楽しい歯触りとこくをプラスし
桜エビが香ばしさと海のうまみを加え、レモンがきゅっとひきしめる。
後口はじんわり辛い。

(私はスイートチリソースを加えてさらに甘辛くします。)

甘からすっぱい、そしてヒリヒリ。
どこまでも食べられちゃう。
食材のこの素晴らしいくみあわせ、タイのお母さんたちって天才すぎる!!!

あんまりおいしくて二日連続でお昼はパッタイでした。
三日目はフォーのカレー風味(笑)
我が家のエスニック化が進むと言われました。

でもね、フォー(米麺)ってとっても使いやすいです。
うどんのように汁にいれてもいいし、パスタのようにソースとからめてもいい。
小麦粉が入っていなくてもちゃんとうまみと、しこしこした舌ざわり。
米だからか、和風の食材ととても合うのです。
二日めのパッタイの具は小松菜とチクワでした。
これまた、うんめぇ~。おさいふにもやさし~!
ナンプラーという調味料のうまみのおかげでもあります。

タイの食べ物、味付けが、どうしてこんなにしみるのか。
この甘辛さは体になじみます。
もちろんパクチーも大好きです。

忙しい食事に意外とフォー、おススメです。
麺を5,6分ゆでて、最後にもやしさっと入れて、
別のお鍋で鶏肉をあつあつの鳥がらスープでゆでて
塩コショウで味付けして、両者を一緒にするだけ。

あとはテーブルで酢、塩、唐辛子、ナンプラー、砂糖を
好きに足して食べるという現地のやり方も
たいへん好ましいですな。

シンガポールチキンライスのお話はまたの機会に。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:erisino57
shinoです。農業しながらアクセサリーを作っています。不定期ですがフルオーダーメイドも。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR