FC2ブログ

反省と戦いその後

インフルらしいshinoです。

病院にいったときは発病してまもなかったため、インフルエンザ検査ができませんでしたが
39.5度の高熱がでたのでインフルはほぼ間違いないと思われました。
今はだいぶよくなりこうしてパソコンに向かっております。

今日はインフルエンザの豆知識をお教えしたい。

インフルエンザにかかると、とにかく寝ていることになるので
3日めくらいで腰、背中が痛くなってきます。
寝ているのもつらいくらい。
家族にそっとさすってもらうと全然違います。
また、固いところに引いた布団で寝ると気持ちよかったです。

室温調整。
どうせ高熱でるんだし、部屋は寒くてもいいだろうと思っていました。
間違ってました!
部屋が寒いと、熱が出ても汗をかけないのです、これはつらい!
汗をかけないということは、必要以上に上がった体温をさげることができないということなので
ウィルスを殺す以上に体に負担がかかります。
室温は20度、湿度は50%くらいがよいです。湿度が低いとのどがつらい。
快適に闘病できます。
エアコンでどうしても乾燥するときはマスクをするといいですよ。

飲み物。
高熱が出る前はかならず悪寒がでます。
39度くらいだと、ダウンを着こんで湯たんぽを抱いても止まらない、
大きな悪寒です。
これは体が熱を作るための自然な反応ですが、不快でもあるので、なるべく少なく済ませたい。
そういうときは湯冷ましがよいです。
薬を飲むときも、水分をとるときも、ぬるま湯か、のみごろにさましたお湯をとります。
外からとった熱のぶんだけ、ハッキリと体は楽に体温をあげることができます。悪寒が少なくなりました。
食べ物も同様。
あたたかいスープやお味噌汁を飲むと汗がわっとでてスッキリします。

インフルエンザに家族がかかったら、隔離がいちばん。
看病する人と接する時はマスクをつけて、というけど、なかなか無理でした、うちの場合。

病人はしんどくてしゃべれないので、看病する方のためにこれを書きました。
お大事にどうぞ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

Author:erisino57
shinoです。農業しながらアクセサリーを作っています。不定期ですがフルオーダーメイドも。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR