FC2ブログ

つらいことは感受性をみがく

shinoです。

昨日の続きです。

あれから考えてみてわかったのは、
つらいことはイヤだけど、確かに感受性をみがく、ということでした。

今は別な本を読んでいるのですが、これが名作なのをぬきにしても
まあ入る入る。
一行ずつ情景を想像しながら刻み込むように読んでいます。
心情に涙したり。

なんていうんですかねー。

平穏な生活は何よりのものだけど、時々感受性をコルクのように覆ってしまうのかもしれない。
嫌なことがあって傷ついて、こころを削られたとき
削りくずの下から、ガラスのような感受性がむき出しになるのかもしれない。

そこにひりひりしみこんでくる創作物や、純粋なひとたちの交流。
「ものすごく救われる」という思いがします。



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント