FC2ブログ

台風19号とtomotina

金木犀の中で泣いている。
そんな日々です。

12日に日本を縦断した台風19号は、
私の住むところにも大きな被害を与えました。

少しだけ高台になっている自宅は幸い浸水被害はなく
ビニールハウスには一部浸水。
植えたばかりのトマトの苗が泥水をかぶり、
今後病気が出る可能性が高くなりました。
水につかってしまった根に酸素を送らないと窒息してしまうため
薬をかけたり、殺菌効果のある薬をまいたりしています。
通常の育成作業もあるので日々あせっています。

でも幸せなほうです。
友人たちにも被害はほぼないと伝えたことにうそはまったくありません。
命はあるし、家もある。

ただ、私の大切な居場所のひとつが、大きな被害をうけ
なくなることになりました。
tomotina。友人のやっていた小さなイタリアンです。
川ぞいのハーブと花に囲まれた、小さなテラスのあるお店。
私はそこでレタスを洗ったり、イベントのたびに働いたりして
とても幸せな時間を重ねました。

とても悲しいことです。
おいしくてあたたかくて、地元の人に愛されながらやっと5周年を迎えたばかり。


濁流がお店の中にあふれ、めちゃくちゃにしながら
外の地面をえぐりとってゆきました。

連絡をもらって飛んで行った朝。
土台まで見えていて、
一目で再建不可能と分かりました。

泥につかった食器を運び出し
家具を積み上げました。
全て処分するという、泥につかったいくつかの食器。
バケツにくんだ茶色い川水ですすぐと
おどろくほどきれいになった。

台風が置いて行った水分をたっぷりふくんだ空気の中で
店内のポトスは生き生きしていました。
何度も往復して使えなくなったものを運び出す間も
庭のローズマリーが香っていて、
戸がどこかに流されてしまった玄関の天井近く
お腹のおおきなヤモリが天井近くにはりついていました。

アスファルトがはがれた駐車場、
ちいさなヘビがいました。
まだ子供です。
「こわかったね、良く無事だったね。へびがきらいなおじちゃんがいるから、早くお逃げ」と
声をかけました。
あの濁流で流されてきたのか。

植物の強さには感心を通り越してあきれます。
生き物の強さにも。

台風の翌日から、金木犀の香りを強く感じるようになりました。
うちの庭にもあるしそこここに植えられているのでしょう。
今年も金木犀の香りは強く、すばらしい。
空は真っ青に晴れて小鳥がないています。

身体に力をあたえるような香りのなかで
泣いている。
それでも一足ごとに新しくなる。
そんな秋です。




























スポンサーサイト



コメント

非公開コメント