火とひと

人って炎のようなものかと思う


 


悲しみで


怒りで


さびしさで


ぬか喜びで


 


言葉にならないこまかな感情の波で


いつもゆらいでいて


はげしくゆれていて


 


昔はそれが嫌だったけど


 


ゆらぎの瞬間に


思いがけず強く誰かとつながることがある


 


悲しみで


怒りで


さびしさで


ぬか喜びで


 


ゆれている私


ゆらぐ誰か


 


強く「わかる!」と思う


愛に似たものが生まれる


 


ときに恋に


友情に


別のなにかになる


可能性のちいさなたまご


胸をつらぬく糸


おおきな喜び


 


 


それからまた、ゆらぐ


 


 


少女のころ 強い太い一本の芯を持つことにあこがれていた


揺れ動く自分がいやで


巨木のようなものにこがれていたけど


 


いまもすきだけれど


 


でも いまは


ろうそくの芯ほどでいい


 


小さな芯のまわりに大きくゆらぐほのお


 


それが胸えぐりゆらぐほどに


 


わたしには好きな人がふえる


 


 


 


 


 


 


 


 


 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

erisino57

Author:erisino57
shinoです。農業しながらアクセサリーを作っています。不定期ですがフルオーダーメイドも。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR