おすすめ料理家・按田優子さん

shinoです。

以前から好きな料理家さん、按田優子さん。
「冷蔵庫いらずのレシピ」という本がおススメです。


これは自宅でかんたんに乾物や保存食を作る本。

すごくすごくいいかんじにざっくりしているのです!

例えば干しシイタケ。
ざるを買ってきて、ベランダで、晴れた日をねらって何週間も干す…
というイメージがあったのですが、なんと斬新。

この方の提案は「スライスして竹串にさして室内のそのへんに挿しとく。」

です。
さっそく、ダンボール箱にいくつもさしてみました。

日当たりよりも風通しのよいことが重要。
三日かそこらでいい感じにできあがりました。
ひじき煮にいれたり春雨スープのだしにしたり。
香りと味がこい、おいしい干しシイタケになりました。

ポイントは、たっぷり作るのではなく、あまった材料をちょこっと干すだけ。
できたら次の料理でつかう。という
在庫をつくらないサイクルが、なんとも気持ちいいのです。

(たっぷり作ったこともありますけど、長年保存すると
やっぱり、虫がついてたりかびたりしますからねー。)

利用したレシピがまたオシャレです。
塩豚の香菜入りヨーグルトソースとか
塩豚と白いんげん豆の煮込みとか。
アジア、ヨーロッパ、各国の料理のエッセンスが香ります。

レシピ考案や本の出版に加え
代々木上原で餃子店を営んでいらして、それがまた
「うまい」「健康」「大陸的」と最高にステキ。
本格的でおいしい水餃子を特製調味料につけて、
丁寧に発酵させたおつけものや、腸によい薬草茶と一緒に
いただけるシアワセ。
先日初めて伺った際、食べてる間ほぼ目を閉じてました。

最初のお店のコンセプトが「代々木上原に美人を増やしたい」だったそうで
これまた最高すぎました。(カメラマンの方と二人で経営されています)

あと、世間に向けて発信するほどではないのですが
私の友人とご本人のお顔が似てます。
ヘルシー美人。つやつや色っぽい。
すごくすごく好きなタイプのお顔…

また食べに行きたいです。

英語

shinoですよ。

好きなバンドが英語の発音めっちゃよく歌ってるので、
カラオケで困ります。

なので映画で本場の発音聞けるときは非常に注目するタイプです。

そんな話を聞きつけた父が
英会話の教材を「いらないから」とくれました。
(未開封か、やるな)と思ったのですが
ちょっと聞いてみたら意外と聞きごたえありました。

中学英語を使った会話の用例集なのですが
四角四面でつまんなそーだなーと思ってたら
一言目から
「たいくつです」。

「記憶にありません」。

「ウケるー」
「ちょっと混乱しています」
「完全にお手上げです」
「これは肌のかゆみに効きますか?」

こういうシュールなん大好き

日常にぐいぐい添ってくるタイプの教材であった。
大変楽しく聞いています。

2枚目のCDでは、
「このローションがあなたの荒れた肌をしずめます」の英文が
聞けるらしい。

どんだけ遠い。

あと
「私はどんなタイプのチーズでも好きです」のあとに
「ちょっと具合が悪いです」が並んでるのも、
強がってチーズ食べすぎたんじゃ…と心配になってよいです。

好きなもの、好きな人、好きなこと、仕事

shinoです。

食あたりから一か月、ぼやぼやしてたらブログに広告がでてた!
見るとがっかりするやつ。

浦島太郎感がありました。

さて寒くなりましたね。
最近思うのですが、人生の快楽のひとつに「好きなものにまつわるいろいろ」があると思います。
好きなものを食べる。
作る。
それについて好きな人同士で話す。
好きなことをする。
好きな人に会いに行く。

「そのために働いている」といってもいいくらい、楽しい。幸せ。
私にはもはや快楽というレベルを超えて、人生の目的、最重要事項といってもいいのかも。
お金や人のために働くよりずっとやる気が出るし、
手足の先まで血が巡ります。

忘れがちなそのことを、何度も何度も確認するために
生きているのかもしれないです。

先日は、大好きな人や友人に会い
くだらない話や好きなものの話をして、
おいしいものを食べました。

ものすごく憧れている人にも会いました。

仕事に追いまくられていると天上の出来事のように思えるけど、
人間らしい時間ってこういうことで。
幸せなだけじゃない、何かが大きく成長する。

キツイ思いをしながら選択して、
泣きながらこんなに大切なんだなって実感する。
誰もそこまでやれなんて言ってなかったことを知る。
世界がやさしいことを知る。

それを、何度も何度も忘れては繰り返す。

すぐ目の前の作業で視野が狭くなる私の、
これが、本当の仕事なんだと思います。

芍薬0218

仲間にありがとうを伝えたいです。

家を整理する

shinoです。

夏休みの課題が終わっていない

ちゃんと覚えてます。やりますやります。

最近、家の整理をしています。
夫婦で暮らしていると、片方にエンジンがかかるとこちらも、となって
倍はかどるのですね。
その逆にばかり目が行ってましたが…

そういうわけで、夫婦で片づけ。
私はリビングのこたつを出すついでにワックスかけとか、
玄関の整理。食器の整理。
夫は蔵の整理、余分なごみ片付けやさびた傘立てのリメイクなど楽しそう。

それぞれにやりたいことができて、毎日段階的にとてもスッキリしています。

さて玄関のお片付けをした昨日。
もうね、とんでもなくきれいにしたんですよ。
とんでもなかったのが今までなんですけどね。
長靴だけで10足以上が出てて、バーベキューの残りの炭や網もすみにそっ…と置いてあって
サンダル2足とビーチサンダル1足が常時スタンバイしていました。
なんでだろう。
クモさんも住んでました。

もうすぐ結婚10周年なんです。
それでわかったのが、いらないものはほんとに使わないってこと。
収納スペースから片づけるのが早道だってこと。
片づけるには一度全部出す、ってこと。
表面だけやっても終わらない!

そこでとにかく全部出して、
ここ何年もつかっていないもの、季節ものを出してガンガン捨てたり
部屋にしまったりして
毎日使う長靴やスニーカーをいちばん取り出しやすいところにいれました。

そしたら片付けが終わるころに夫が、
傘立てをリメイクしたテーブルを持ってきたじゃないですか。
それを玄関の隅にセットして庭のバラを飾り、
その前に夫が座って(家の玄関には腰かけがあります)
「コーヒーをひとつください…」と言うころには
とんでもないオシャレ空間が出来上がっていました。

インスタ映えインスタ映え言って喜びました。
二人ともやってませんけど。

そしてその夜、星野源が夢にわんさか出てきました。
星野源が何人も登場するドラマをみんなで見てわいわいきゃあきゃあ言ったあとに
おしのび星野源を至近距離で目撃するという夢です。

だいたい私は、なんかよいことがあると
夢に好きな芸能人が出ます。
すんごい仕事で疲れてるときも。

お得な体質でございます。というお話でした。(違う)



おすすめweb漫画「サトコとナダ」

shinoです~。
天高く俺肥ゆる秋。

肌寒いとなんか食べちゃいますねえ。
お菓子や果物…。

もらった緑茶を炒ったらけっこうおいしいほうじ茶になったので、
体をあたためようとせっせと飲んでいます。

手作りほうじ茶は、緑茶の葉を小鍋にいれて、
弱火でこがさないよう、かきまぜます。5分くらいかな。
全体になんとなく茶色になったら出来上がりです。
香りもよくってたのしいですよ~。

さて、ティーブレイクにおもしろい漫画をご紹介。
「サトコとナダ」
WEBで読める4コマ漫画です。

アメリカに留学したサトコが、サウジアラビアから来た女の子のナダとルームシェアをする話です。

近頃の4コマ漫画はギャグがありつつしっかりしたストーリーがあるものが
増えているのですが、これもそのうちのひとつです。

ムスリムの女性が出てくる漫画なんて、初めて!
黒い民族衣装で全身を覆ったナダ。見えるのは目だけ。
ミステリアスで何を考えているのかわからない…と思いきや、
中身は自撮り好きでオシャレな、すごく普通の女の子でした。
自分に自信がないサトコは、ナダと出会って
すこしずつ世界を広げていきます。

「ナダってきれいな髪をしてるのね。ヒジャブで隠すのがもったいないくらい」
「ありがとう。でもねサトコ。綺麗だから隠すのよ

「こんなワンピース、着てみたいけどかわいすぎて私が着ちゃいけない気がする…」
「私はどうせ知り合いしか見ないし、私のために大好きな服を着るわ。
サトコは服装は自由なのに、私よりよっぽど不自由ね」

素朴なサトコと女子力の高いナダの会話。
ほんわか楽しく読みつつ、しみじみとためになります。

フィクションですが監修がきちんとされているため、
教養として読めてしまいます。

マンガで広がる世界。
ひまつぶしにどうぞ。


プロフィール

Author:erisino57
shinoです。農業しながらアクセサリーを作っています。不定期ですがフルオーダーメイドも。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR