王女とカーディー少年

shinoです。

子供の頃は学校の図書室にいりびたりでした。
世界中の童話を読みました。

「王女とカーディー少年」
という本が好きでした。
作者はジョージマクドナルド。

印象的なシーンがあります。うろおぼえですが書いてみます。

物語の序盤。
鉱山の奥深く、仙女から
試しを受けるカーディー少年。
仙女はこの先を戦っていくために
本物をみきわめられるようにならなければならない
と言います。
仙女の足元にはばらが燃えるたき火。
七色にかがやくふしぎな炎のなかに、
手を差し入れなさい、と仙女は言います。

大人の心は、いうなれば厚い皮手袋をかぶっているようなもの。
この魔法の炎はその手袋を焼き尽くし、
ほんとうの心に触れることができるようになるのよ。
でもそれにはひどい痛みをともなう。
痛みに耐え、皮手袋を焼き尽くすことができたなら
お前はこの先、手にふれるだけでどんな人の心にも触れることができる。
そして本当の仲間を見つけることができるでしょう。

カーディーは勇気のある少年です。
燃えるばらの炎に手を突っ込みました。
熱さはないのにそれはものすごい痛みで、
ぎりぎりのあともう少しで諦めてしまうかと思われたとき
痛みがうそのようになくなりました。
そして見た目には何も変わらない手がありました。

少年をここまで連れてきた仙女のしもべがいます。
恐ろしい顔をした大きな白い犬。
牙の間から赤い舌が垂れ、竜のように大きな口。
ぎらぎらした目。

「彼にさわってごらんなさい」
仙女が言います。

犬の前足をこわごわにぎると、
返って来たのは針のように硬い毛皮の手触りではなく、
やわらかな、とてもやわらかな赤ん坊の手の感触でした。
カーディーはうれしくなって、しっかりと握りかえすのでした。

その後、カーディー少年は王女とともに
どんな年恰好でも関係なく
赤ん坊の手を持つ人を探し
見つけてゆきます。


うろおぼえですが、以上のようなシーンでした。
壮大な物語のごく一部です。

もう一度読みたくなったので
今度借りてきます。

光るばらを積み上げた炎。
激しい痛みとともに焼かれる皮手袋、赤ん坊のような手。
キリスト教の教えを元にしているとも聞いたことがありますが、
それだけでなく、なんとも心惹かれる題材です。

その後借りてきて、今読んでいます。

子供の記憶なので、
あちこち細かいところが違っていたなあ~。
ですが大きく違ったのは人の心のこと。
今の世の中には人でありながら動物に近づいている人が多い、
その人の手は、(試練の後に)触れると動物の手になっていると書いてありました。
書かれたのは160年も昔の本です。
いやはや。恐るべし。

玄米のあたらしい食べ方

shinoです。
トマトの通販にご注文いただいております。ありがとうございます!
ご注文はこちら→

さて今日は最近知った、玄米のおいしい食べ方!
それは「お湯で20分ぐらぐら煮る」だけというもの。あたらしい~!!

「うかたま」にのっていた「玄米アクアパッツア」(by按田優子さん)のレシピで知りました。

さっそくやってみました。
煮るだけ?!固くない?と思いきやこれがおいしい!
研ぎません。さらりとして、プチっともちっとした食感。
ほどよくとろみがついて香ばしい香り。白米とは違う、ちょっとクスクスのような感じ。
でもずっとうま味があります。

いや~びっくりしました。
SH382433.jpg
(ハートトマトをぶちこみました)

アクアパッツアは、さらに具材をくわえて15分くらい炊きます。


でも味見したとき、ただ煮るだけで十分うまいんじゃ…?と思い
後日リゾットを作ってみました。
お湯に少しのお塩をいれて20分ぐつぐつ煮たら
仕上げにオリーブオイルとこくをだすためのすりごま、
自家製トマトピューレをそえるだけ。
きぬさやも一緒に柔らかく煮ました。
これがおいしい!
玄米のうまみがでたスープはすこしだけとろっとして
さらさら。
煮るだけ、めっちゃ簡単でした。按田さんもパスタ感覚でと書かれていたなあ。
SH382435.jpg

私は玄米を食べると貧血になりがちです。
体調によってはめまいがするくらい。
なので鉄のフライパンでやってみたのですが、成功!調子よかったです。
お腹や肌も、さすが玄米。
たまに取り入れると違うな!と感じたのでありました。

アラフォー生き返る

はいshinoです。

最近、「アロマ」「間接照明」「静かな音楽」が
とみに疲れに効きます。

アラフォー感じる~。
すごい来てる~。

しばらく忙しかったり、
たくさん人と会って気疲れしたりしたあとに、
なにげなく上記をやってみたら
めっちゃ効いて
もうびっくり。

部屋がきたない…
掃除をする気力も
ない…

そんな時も
リビングの照明を消して
作り付けのスポットライトだけにします。
今までは「ムーディーが過ぎる」と思って
あまり使わなかったのですが
アラ隠しにいいですね!

ろうそくをともしたり
雑貨屋で買った安いランプに灯をつけたり
とにかく部屋をうすぐらーくして

汚いものを見んようにして
アロマスプレーをシュッとして

ゆったりする音楽をかけて。
あとはいつも通り、家事をしていたのですが
うわー効く!

その日の反省がとまらなくて落ち込んでいた心も
じょじょに平静まであがり
ゆっくり深呼吸。

アラフォー生き返りました。

別にアラフォーじゃなくてもいいんですけど
おススメです。

アロマスプレーは
ラベンダーとか
ローズマリー、
レモン、なんかのエッセンシャルオイルを
てきとうに水かエタノールでうすめて作りましたが
買ってもいいでしょうなあ。

音楽は
ゆったりしたジャズやクラシック、ハープ。
今は安生正人さんという栃木出身のアーティストさんが好きです。
ケルティックハープという小型のハープの演奏者で
すこしさみしげで深く暖かい、なつかしい音色が夜にぴったり。

amazonプライムの会員特典で
無料で聞ける音楽が凄い充実してて。
「夜に聞きたいクラシック」とか
「雨の日のジャズ」とか
エライ細かな状況設定したプレイリストが
豊富です。
手軽に良質な音楽をかけられるし
知らない楽曲を知ることができて世界が広がりました。

ゆったりした音楽が頭を満たすと
イライラや落ち着かない気持ちが出て行って
すっとやるべきことに手が動くようになりますね。

そうそう、星野源さんと
三浦大知さんの対談のラジオもよかった!
声だけでもう「笑ってる」「胸がひらいてる」ように聞こえる
お二人の好きな音楽を聴きながら
ゆっくりセーターをつくろいました。

いやはや生き返った。

しかし何で年をとると
こういうものが好きになるんでしょうねえ。
ケーキより和菓子と緑茶、
パスタより味噌汁とごはん。
蛍光灯より白熱球、できたらろうそく。

昔はねえ。
「なんか、つまんねえな!」って思ってたんですけどねえ。
今は「からだが受けつけられる」かどうかで判断。
いろんな消化能力が弱くなってるのね!

弱くなるっておもしろいですな。
うけつけないから
より鋭敏にならざるをえない。

つまり、
弱い=選択眼が鋭くなる=主張が強くなる=ずうずうしくなる
=意志、態度が強くなる。

弱くなってつよくなる。
生きるっておもしろいものです。

180424_1047_01.jpg
アラフォーの撮った雪柳と水滴。生き返る~。

お花見

こんにちは。shinoです。

桜はすっかり散ってしまいましたが、八重桜が
まだあちこちで咲いています。
そちらではどうですか?

私は、今年もいいお花見できました~。

DSC_0693.jpg

晴れ晴れしたいい空。

しだれ桜を見上げながら
ごろごろしました。

そのあと温泉地でもう一回した♡

ピクニックがことのほか好きです。
すっかりアラフォーの今。
お花見でも買ったモノでなく、
手作りのおかず、しおむすび、あったかい飲み物、
ビニールシートに直接でなく、てざわりのいい布をちゃんとひく、
というコンビネーションでないと
食欲がわかないというかときめかなくなってきました。(あとケツが冷える)
欲望にまかせたお菓子群も買い込むのですけど、
食べきるにはちと心もとない、この胃袋であります。
(すんごい頭痛してくる)

友人が作ってきてくれた豆乳クリームにたっぷりドライフルーツを
まぜこんだの。
とびきり上等な味がしました。
はじめてで、え?え?これいいの?って
とまどいながら作ってきてくれたという、そのわりに
すこぶるおいしかったですよ!
手間も材料費もかかるし、時間も。
なんて贅沢なんでしょう。

また楽しい機会をつくりたいな♡



Happy 98th birthday, Ilona!

今日私のアイドルがお誕生日を迎えました!

おめでとう!イロナ!!

イロナ・ロイス・スミスキン。

写真集「advanced style」でその存在を知ってから
時々インスタグラムを拝見しております。

画家でパフォーマー、時々歌手のイロナ。
グラマラスなファッションが素敵で
その言葉はいつも暖かい。
それだけじゃなく、
経験に裏打ちされた説得力があるから、大好きです。

イロナ―!!!大好きだ―!!!!
98歳おめでとうーーーーー!!!!!!






プロフィール

Author:erisino57
shinoです。農業しながらアクセサリーを作っています。不定期ですがフルオーダーメイドも。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR